• Twitter
  • LINE
  • Facebook
  • Instagram
  • YOU TUBE

最新情報

関西訴訟 裁判情報

2021.06.25

  • Facebook
  • Instagram

【関西訴訟】第8回期日報告!

「結婚の自由をすべての人に」関西訴訟弁護団より、本日6月25日に開かれた裁判期日と、その後の報告会の様子について、以下のとおりご報告をいただきました!


●「結婚の自由をすべての人に」関西訴訟第8回期日報告

日 時:2021年6月25日13時30分から13時40分

場 所:大阪地方裁判所第202号法廷

裁判官:土井文美裁判長 神谷善英裁判官 澄川ほなみ裁判官

内容:

1. 原告側から、同性どうしの婚姻を認めないことが差別やスティグマの強化につながることなどを主張する書面を提出しました。

2. 大畑弁護士が意見陳述を行い、原告側が提出した書面の内容の概略が説明されました。

3. 公開の裁判手続きの後、場所を移して、裁判官・原告代理人・被告代理人で今後の裁判の進行について非公開の協議を行いました。

4. 今回の裁判はプライド月間中ということもあり、虹色のグッズを持った方がたくさん傍聴に来てくださいました。私たち弁護士も傍聴者からお手製の虹色マスクをいただきました。ありがとうございます!

次回期日

20219241310分(第9回口頭弁論) 大阪地方裁判所第202号法廷

被告から札幌地裁判決を踏まえた反論がなされる予定です。開始時間が普段の13時30分ではありませんのでご注意ください。

 

裁判に実際に提出された書類は、以下のサイトから読むことができます!

https://www.call4.jp/search.php?type=material&run=true&items_id_PAL[]=match+comp&items_id=I0000031

(準備書面は、「主張」。陳述書、証拠説明書は「証拠」。意見陳述は、「その他」のタブからご覧ください)


●期日報告会

 

裁判終了後に、大阪弁護士会館で期日報告会を開催しました(司会は寺野弁護士)。

 

冒頭、傍聴に来られた方から関西訴訟への応援のメッセージをいただきました!

 

その後、非公開の協議から戻った大畑弁護士、山岸弁護士、三輪弁護士、宮本弁護士から、今日の裁判でのやり取りの概要や協議の内容について報告がありました。

(報告をする大畑弁護士)

 

次に、裁判に参加していた原告の坂田さんとテレサさんから発言がありました。

テレサさんからは、今回の裁判が始まってから同性婚に賛成の声を上げるアライが増えるなど社会が変化していることへの実感が語られました。坂田さんからは、この間のLGBT法案を巡る顛末から感じたことや、国会議員に働きかけをすることの重要性について語られました。

(真ん中・坂田さん、右・テレサさん)

 

会場からは、

「地方裁判所の判決が最高裁判所にどのような影響を与えるのか」

「婚姻の目的って何?」

「国からの反論はどんな内容になりそう?」

など、骨のある質問がたくさん出されました。

 

大阪地裁の審理もそろそろ山場に差し掛かり、判決が視野に入ってきました。

良い判決を勝ち取れるよう、原告の皆さんと弁護団とでしっかりと準備をしていきたいと思います。引き続きのご支援よろしくお願いします。

 


BACK