• Twitter
  • LINE
  • Facebook
  • Instagram
  • YOU TUBE

賛成の国会議員を増やそう

賛成する国会議員を増やすための活動

法律は、国会が作ります。国会議員が法律を変えようと思い、動く必要があります。

国会が法律をなかなか変えてくれないときには裁判をして、法律を変えていないのは国会の職務怠慢だと、裁判所に言ってもらって、裁判により実現することがありえます。
結婚の自由をすべての人に訴訟が起こされたのは、同性婚ができるよう法律を変えないのは国会の職務怠慢だと、裁判所に判断してもらうことで国会を動かすためです。

ただ、裁判の結果が出るには時間がかかりますし、そもそも国会が法律を変えてくれればいいのです。
また、裁判で同性婚ができるよう法律を変えないのは国会の職務怠慢だと判断がされると国会は同性婚ができるよう法律を作らなくてはならなくなりますが、同性婚ができるようになるといってもその中身も問題です。ですので、国会は、裁判で同性婚が実現する場合も重要です。

同性婚が日本で実現するためには、裁判まかせにせず、賛成する国会議員を増やすことがとても大切です。

マリフォーでは、議員会館で国会議員さんたちに来てもらって集会(マリフォー国会)を行ったり、議員さんたちに実情を訴えて法律をつくることを要請したりするという活動も行っています。

どこの地域にも国会議員はいます。
地元の国会議員に手紙やメールを出す、何かの機会に会えば、同性婚を実現して欲しいと伝える、誰もにできることがあります。
声を届けて、同性婚ができるようになって欲しい人が本当にいるということを伝えましょう。

地元の国会議員のことを調べるには、マリフォー国会メーターを使ってください。

 

地元の国会議員さんが誰なのか、同性婚についての考え、連絡先やSNSが分かります。

スマホの画面写真 二人の人の情報が書かれていて、クリックすると同性婚への賛否や連絡先が書かれた個別ページに飛べることが分かる。

また、国会議員さんと会う機会があれば、ぜひ、マリフォーが作った国会議員さん向けのパンフレットを印刷して、渡してください。

パンフレットは、国会議員さんはもちろん、それ以外の人に対しても、同性婚について意見を伝える時に役に立ちます。

貴重な一歩をともに踏み出し、日本でも、性別関係なく結婚ができるようにしましょう!

TOP