• Twitter
  • LINE
  • Facebook
  • Instagram
  • YOU TUBE

最新情報

ボランティア・インターン インターン紹介

2021.11.03

  • Facebook
  • Instagram

インターン紹介!! 土居大起さん

インターンのご紹介第5弾です!!


こんにちは!

2021年4月からインターンとして活動している土居大起(どい だいき)です。

普段は都内の法科大学院に通っています

 

(留学先のサンフランシスコにて)

 

これといった面白い趣味はありませんが、とにかく食べることが大好きです。

食べ放題をしている時が一番幸せな時間です(笑)。

 

インターンを始めたきっかけ

 

私が大学に入ったころから、LGBTQ+について、ニュースなどで取り上げられることが多くなり、この問題に関心はあったものの、自分が積極的に活動に携わろうとまでは考えていませんでした。

 

大学3年生の冬に、「このまま大学を卒業するのは面白くないな」とふと思い立ち、海外インターンに行くことにしました。

その時に、エージェントの方が紹介してくださったのが、たまたまアメリカ・サンフランシスコの、LGBTQ+家族をサポートしているNPOで、当時全然喋れなかった英語でも面接を通過したので(苦笑)、そこに行くことにしました。

そのNPOでは、LGBTQ+の親を対象にした子育てトレーニングや親同士を繋げる交流企画のお手伝いをしていました(お手伝いといっても、英語が全然喋れなかったので雑用がほとんどです笑)。

 

サンフランシスコはLGBTQ+についての理解が非常に進んでおり、インターンとして関わる中で、数えきれないほどのLGBTQ+家族に出会いました。

だからといって、何か映画のワンシーンにあるような劇的な場面に遭遇したわけではありません。

子どもたちから聞くお家での出来事の話、トレーニングを終え部屋から出てきた親に笑顔で駆け寄っていく姿、お揃いの服を着て手を繋いで帰っていく姿など、LGBTQ+家族の日常の何気ないシーンから、SOGIEに関係のない「家族の愛」を日々感じていました。

 

このように、SOGIEに関係なく自らが望む形の家庭を築いている方々、そしてそれを当然のものとして受け入れている社会をみて、「日本もこんな社会になってほしい」と感じました。

 

そして、帰国した後、サンフランシスコでのインターンでご縁のあった、「結婚の自由をすべての人に訴訟」の原告の方にマリフォーを紹介してもらい、「『結婚』という形で家族になる選択ができる社会を作る力になりたい」と思い、マリフォーのインターンに応募しました。

 

業務内容

 

マリフォーでは、アドボカシーチームに所属しています。

アドボカシーチームは、主にロビー活動を行うチームです。

 

最近では、議員向けパンフレットの校正作業や選挙に向けたイベントの裏方作業などをしました。また月2回のMTGにも参加させていただいています。

結婚の平等の実現に向け日本の最前線で活躍されている方々の活動を間近で見ることができ、その知識や経験、姿勢などから多くのことを学ばせていただいています。

 

それに加えて、他の学生インターンと一緒に、結婚の平等実現に向けて学生としてできることは何かを皆で考えて、いくつか企画を行っています。

会議をする中で、自分にはないアイディアや経験を持っている同世代と接し、自分も負けてられないなといつも刺激を受けています。

 

インターンの魅力

 

「得られる人脈」です。

 

他のインターンの方々がおっしゃっている通り、参加させていただいているMTGや作業を通じて知る現場の実情は普段は学ぶことができないものです。

それに加えて、活動を通して得られる一つ一つの出会いが、私がマリフォーでインターンをしていてよかったと思う理由です。

 

インターンを通して、訴訟やマリフォーにかかわっている弁護士のみなさん、長い間LGBTQ+の問題に尽力してくださっているみなさん、国際的なバックグラウンドを持っていたり他の学生団体でも活躍している同世代のインターンのみなさんなど、様々な人に出会いました。

 

多種多様な考え方や熱意に触れることで、自分の視野がぐんと広がり、インターンを始める前にはなかった考え方をたくさん得られました。それは必ずしも結婚の平等の問題に関するものに限らず、将来自分がどんなキャリアを歩みたいのか、どんなことにチャレンジしていきたいかを改めて考えるきっかけにもなりました。

 

私自身、将来は弁護士になりたいと思っていますが、法廷での弁護活動に留まらず、NPOに所属するなどして、多様なバックグラウンドを持つ方々と、それぞれの知識と経験を持ち寄りながら、多角的なアプローチで社会問題の解決に取り組みたいと考えるようになりました。

 

学生の間に様々な人脈を得られるのは、将来の選択肢を増やすという意味でとても貴重だと思います。

 

最後に

 

インターンを担当してくださる方々は、定期的に振り返りのMTGを設けてくださり、学業の状況ややりたいことなどを毎回確認してくださるので、自分の参加しやすいペースで無理なく参加させてもらえると思います。

 

やって損はないと思います!興味のある方はぜひ、応募してみてください!

 


土居さんには、法科大学院の学業でお忙しい中、積極的にいろいろなお手伝いをいただいて私たちも大変助けられています(^^)

 

 

●私たちの活動は皆さまのご支援で成り立っています。

ボランティアでのご支援を頂ける方はコチラより

ご寄付でのご支援を頂ける方はコチラより


BACK