(日本語) 国会議員メッセージ

全116件

  • 自民党(日本語) 河村建夫

    受領または公開日:2020/11/26

    (日本語) 自由民主党・衆議院議員の河村建夫です。多様性を尊重することこそ、保守本来の考え方だと私は考えています。自己肯定感を高めることが、国民の幸せにつながります。それぞれの時代に応じて国民の皆様が要請する多様性(LGBTsや今の時代の家族の在り方など)がまず自民党内でもしっかり理解されるよう議論を加速していきたいと思っています。

  • 国民民主党(日本語) 山尾志桜里

    受領または公開日:2021/03/25

    (日本語) 司法の力を最大限引き出した訴訟活動に敬意を!少数者の人権が多数決に左右されるくやしさを共有しながら、立法府の一員として私もがんばります。

  • 日本維新の会(日本語) 音喜多駿

    受領または公開日:2021/03/25

    (日本語) 2021年3月17日、札幌地裁のいわゆる同性婚訴訟において、現状は違憲だとする画期的な判決が出されました。大きな意味を持つものであり、ここまで活動に尽力されてきた当事者の皆さま・支援者の方々に心より敬意を表します。
    この判決や世論を追い風として、どのように同性婚を実現していくか。その方法は戸籍を含めたフルスペックの同性婚制定から、改憲を伴うやり方、パートナーシップ制度の拡充など様々な考え方があると思います。しかし違いはあれど、同性婚の実現・差別の解消に向けて邁進する気持ちは全員が変わらないものと信じています。様々なアプローチを試みて、同性婚実現への最短ルートを探っていく。現状を一歩でも前に進めていく。そのために私も立法府の一員として、意見や価値観の違いを認め合い協力し、微力ながら引き続き邁進してまいりたいと存じます。

  • 国民民主党(日本語) 矢田わか子

    受領または公開日:2021/03/25

    (日本語) 「第3回緊急マリフォー国会院内集会 結婚の平等を伝えよう」のご開催、まことにおめでとうございます。Marriage For All Japanの皆さまの日々のご活動に敬意と感謝を申し上げます。今回の札幌地裁の判決をバネにして、結婚の自由がすべての人に保障されるよう、皆様とともに頑張っていきたいと思います。

  • 立憲民主党(日本語) 高木錬太郎

    受領または公開日:2021/03/25

    (日本語) 本日の集会にお集まりの皆さん、そして全国で結婚の平等実現に向けて活動をしている皆さん、こんにちは。立憲民主党 衆議院議員高木錬太郎です。このたび(2021年3月17日)の札幌地裁の判決は私もうれしく思っています。この流れで、もっともっと多くの方に現状を知ってもらって、「結婚の自由をすべての人に」という、実はごくごく当たり前のことを、実現させたいと思います。ともに粘り強くがんばっていきましょう。

  • 立憲民主党(日本語) 野田国義

    受領または公開日:2021/03/25

    (日本語) 集会のご盛会を心よりお喜び申し上げます。
    ご関係者の皆様のご尽力に敬意を表し、心から感謝申し上げます。
    いよいよ画期的な判断で、新たな一歩が踏み出されました。
    性的指向によって結婚の選択肢がない不平等な状況が、一日も早く改められるべきです。誰もが幸せになる権利をこの手にしっかりと掴みましょう。
    今後とも、私自身も立法府において、迅速な議論と解決が進むよう、しっかりと取り組んで参る所存です。

  • 立憲民主党(日本語) 山内康一

    受領または公開日:2021/03/25

    (日本語) 第3回マリフォー国会院内集会開催おめでとうございます。皆様の日頃のご活動に、心から敬意を表します。多様性が認められる社会の実現にともに頑張りましょう。

  • 公明党(日本語) 河野義博

    受領または公開日:2021/03/25

    (日本語) 多様な方々が、幸せになれる時代の到来を望みます。

  • 無所属(日本語) 高井たかし

    受領または公開日:2021/03/25

    (日本語) 衆議院議員 高井たかしです。第3回緊急マリフォー国会院内集会のご盛会を心よりお祝い申し上げます。このたび、札幌地方裁判所が「同性婚不受理は違憲」との判断を示し、積年の皆さまのご活動が,実を結んだ一日となりました。今回の判決が、日本全国で同じ思いを抱いている方々の支えになるものと確信しております。しかし、ここからが第一歩です。今もまだ全国で続いている訴訟があります。性的指向による婚姻の不平等は解消すべきです。私も「結婚の自由をすべての人に」の実現に向け、引き続き国会で取り組んでまいります。
    皆さまの更なるご活躍を祈念して、メッセージとさせていただきます。

  • 社民党(日本語) 福島みずほ

    受領または公開日:2021/03/25

    (日本語) みなさん、こんにちは、福島みずほです。 院内集会「第3回マリフォー国会・同性婚を伝えよう」の開催、おめでとうございます。 同性婚の実現のために、たくさんのみなさんがいろいろな努力を続けてこられたことに心から敬意を表します。  
    今年3月17日に札幌地裁で同性婚を認めないのは違憲という判決が下されました。全国5地域で訴訟提起されたうちの一つで、初の判断です。本当に素晴らしく、嬉しいニュースです。  
    判決では、性的指向は人の意思によって選択・変更できないこと、婚姻によって生じる法的効果は等しく得られなければならないと、当然のことではありながら画期的なものでした。この判決が全国各地へ広がり、同性婚の実現につなげたいです。  
    憲法24条は、男女平等を定めた大好きな条文です。そしてまた、婚姻についても、同等の権利があることを認めている大事な条文です。これは、同性婚は当然の権利だとしか読み取れません。
    憲法24条を変える必要はなく、民法を改正すればよいだけです。 今年1月、原告の一人である佐藤郁夫さんが亡くなられました。今回の訴訟を心から喜んでおられたのではないでしょうか。ご自分の訴訟だけでなく、日本の同性婚の実現まで見届けたかっただろうと思います。佐藤さんの強い思いをしっかりと受け止めて、決してあきらめずに声を上げ、がんばっていきましょう。 

  • 日本共産党(日本語) 伊藤岳

    受領または公開日:2021/03/25

    (日本語) 先週3月17日の、「同性婚認めぬのは違憲」「法の下の平等に反する」「初の司法判断」とのニュースに胸が躍る思いです。 札幌地裁の判決は、配偶者の相続権や手術の際の同意判断が許されないなど、異性間の婚姻であれば得られる権利に及ばない現状は「合理的根拠を欠き、差別に当たる」と指摘。結婚の自由をすべての人に!と粘り強く求め、ご奮闘されてきた全国のみなさんが導いた大きな一歩です。心から敬意を表します。 次は立法機関である国会の番です。2019年6月、日本共産党を含む野党が、性的指向にかかわらず平等に婚姻が認められる「婚姻の平等」を実現する法案を国会に提出しました。「個人の尊厳を守る」は、憲法をいかす野党共通テーマです。同性婚実現に向けた法整備は、多様な性と家族のあり方、多くの選択肢を法律的にも認め尊重するという意義があると思います。国会での早期実現に力を尽くします。 皆さんお一人お一人が、人権が尊重され、誰もが生きがいをもって生活できる、あらゆる差別のない公正な世界への変革の動きを作っています。 十人十色。カラフルに輝く社会へ、法整備で同性婚実現へご一緒に取り組む決意を申し上げ、メッセージといたします。

  • 日本共産党(日本語) 山添拓

    受領または公開日:2021/03/25

    (日本語) 札幌地裁での実質的勝訴判決を勝ち取られたみなさんに、敬意を表し連帯します。 裁判で国が安易に主張した「同性愛者も異性と婚姻できるから差別はない」などという考えは、それ自体が差別的です。 同性婚は憲法が否定するどころか憲法上の要請です。 実現に向け、一緒にがんばる決意です。

  • 日本共産党(日本語) 本村伸子

    受領または公開日:2021/03/25

    (日本語) 喜びの涙にいっそう涙があふれます。 人権を守る、尊厳を何よりも大切にするために憲法がしっかりと機能したことも本当にうれしいです。 立法府の責任を痛感しています。 声をあげて下さったお一人お一人に心からの敬意と感謝の気持ちでいっぱいです。

  • 日本共産党(日本語) 吉良よし子

    受領または公開日:2021/03/25

    (日本語) 本日は、委員会のため集会に出席できませんが、みなさんに心から連帯のメッセージを送ります。 なにより「同性婚を認めないのは違憲」と認めた札幌地裁の画期的な判決は、「結婚の平等」を求めて粘り強く声をあげ続けている皆さんが勝ち取った大きな成果です。 裁判で政府は、現行制度で同性愛者も異性と結婚できるから差別ではないと主張したそうですが、愛し合う2人が「同性同士」というだけで結婚を選べないのは明らかに差別だし、不平等。誰を愛し、結婚するのか、しないのか、決めるのは自分自身。国に制限されるいわれなどありません。国は今回の判決を受け止めて、一刻も早く同性婚を法制化すべきです。 今こそ、同性婚の実現を。 だれもが結婚の自由を保障される社会に向けて、これからも力を合わせてがんばります。

  • 日本共産党(日本語) 宮本徹

    受領または公開日:2021/03/25

    (日本語) 「性的指向の違いで婚姻の法的利益を一切受けられないのは、不合理な差別で、憲法14条がうたう法の下の平等に反する」、当事者のみなさんの頑張り、連帯する市民の声が、札幌での画期的な判決につながりました。 同性婚を求める法整備は待った無しです。立法府がこれ以上不作為を続けることは許されません。世論の多数も求めています。すでに国会には、野党法案が提出されています。  
    同性婚を認めることで、困る人は誰一人いないのです。にもかかわらず、自分の個人的な家族像を他人に押し付け、他人の幸せを妨害し続けるのはおかしい。  
    多様性を認め合い、尊重し合う、差別のない社会へ、私も力を尽くします。  

  • 日本共産党(日本語) 藤野保史

    受領または公開日:2021/03/25

    (日本語) 今回の、札幌地裁の判決は画期的です。みなさんの粘り強い運動の成果です。 自らの性をどう認識し、どんな性的指向を持つかは、人によって違い、多様な生き方を認めることは、個人の尊重の観点から重要です。そして、いつ、誰と結婚するか、しないか、性的指向に関わらず人生の選択は等しく開かれるべきものです。 現行法上は、同性婚は認められていないとされ、同性のカップルは互いに法定相続人にはなれず、パートナーが手術を受ける際の同意手続きにも関与できない等、多くの社会生活上の不利益を受けています。 約30の国や地域で同性婚が認められており、G7では法的保障が認められていないのは日本のみです。 法的保障はないもののパートナーシップ制度を設ける自治体は約80に広がり、保険金の支払いや社内の慶弔規定などで、法律婚と変わらぬ扱いをする企業も増えています。 私も提出者の一人として、野党共同で婚姻平等法案を提出しました。いまこそ、国民の意識や社会情勢に鑑みても、同性婚を可能とし、異性のカップルと同性のカップルとの不平等を是正すべきです。 誰もが自分らしく生きることができる社会をめざし、ご一緒に頑張りましょう。 

  • 日本共産党(日本語) 清水忠史

    受領または公開日:2021/03/25

    (日本語) 画期的な判決が出ました‼ 次は国会の役割を果たすべきです。同性婚を認める法改正へいっそう力を合わせましょう‼

  • 日本共産党(日本語) 田村貴昭

    受領または公開日:2021/03/25

    (日本語) 札幌地裁の判断は、性的マイノリティーをめぐる古い価値観に風穴をあけた画期的な判決であり、全国各地で争われている同様の裁判に大変大きな影響を与えるものです。かかる判決を下した武部知子裁判長に敬意を表するとともに、原告団の皆さん、裁判を支えた皆さん、そして全国で活動されている皆さんのたたかいに連帯のエールを送ります。  同時に、原告の皆さんは、国会が長期にわたって立法措置を取ってこなかった立法不作為も主張しておられます。国会を構成するメンバーとして、わたくしは大変重大なボールが投げられたと考えております。  わが党を含む野党3党(立憲、共産、社民)は既に同性婚を法律で認める民法の一部改正案を衆院に提出しております。与党側は消極的ですが、もはや法整備に向けた議論を先送りしてはなりません。なんとしてもこれを成立の流れに乗せるため力を尽くします。  

  • 日本共産党(日本語) 小池晃

    受領または公開日:2021/03/25

    (日本語) 札幌地裁が、同性どうしの婚姻を認めないのは「婚姻の自由」を保障する憲法に反するとして、「違憲」としたことは歴史的な判決です。「結婚の平等へ大きな一歩」に私も、みなさんと共に喜びたいと思います。また、粘り強い運動で世論を動かし、司法へ声を届け続けたみなさんに心からの敬意を表します。  
    性的少数者の人権と尊厳を保障する立場から、不利益の解消を国に迫った画期的な判決であり、政府と国会はこの判決を真摯に受け止め、法律の整備に直ちに踏み出すべきです。同性婚を認める法整備の実現に、みなさんと力を合わせ、私も全力を尽くします。 

  • 日本共産党(日本語) 赤嶺政賢

    受領または公開日:2021/03/25

    (日本語) 結婚の平等の実現に向け、粘り強い運動で司法を動かした皆様に心からの敬意を表します。 性的指向の別によって婚姻を認めず、法的・社会的な不利益を押し付けることは、差別であり、人権侵害に他なりません。早急な法整備に向け、国会がその役割を果たせるかが問われています。  
    全ての個人の生き方があらゆる面で尊重され、多様性あふれる社会が実現するよう、みなさまと一緒にがんばります。


TOP