• Twitter
  • LINE
  • Facebook
  • Instagram
  • YOU TUBE

最新情報

MFAJのお知らせ 国会関係 調査

2022.06.22

  • Facebook
  • Instagram

【選挙情報】結婚の平等(同性婚)に関する各政党の考え~政党公開質問状への回答~

6月11日に各政党に送付した、今回の参議院議員選挙に際しての、結婚の平等(同性婚)に関する各政党の政策・考え方を質問する公開質問状への回答(→公開質問状の詳細についてはコチラ)が、主要9政党から集まりました(注)。

 

9政党:自民党(以下「自民」)、立憲民主党(以下「立民」)、公明党(以下「公明」)、日本維新の会(以下「維新」)、日本共産党(以下「共産」)、国民民主党(以下「国民」)、れいわ新選組(以下「れいわ」)、社民党(以下「社民」)、NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で(以下「N党」)

 

(注)当団体の政党要件に関する確認が不十分で、N党への調査票の送付が遅れました。謹んでお詫びを申し上げます。6/29より同党の回答を加えた記述に訂正させていただきました。

 

全9党中、公明党含む7党が「同性間で婚姻ができるようにするべきだ」と回答

 

与党を構成する公明をはじめ、立民、維新、共産、れいわ、社民、N党の7党が、「同性間で婚姻ができるようにするべきだ」と回答しました。

 

自民、国民の2党は「その他」を選び、同性間で婚姻ができるようにするべきとは回答をしませんでした。

 

具体的には、自民は「憲法24条の記述から現行憲法は同性カップルの婚姻を想定していない」とする政府と同じ考えを取り、加えて自治体パートナーシップ制度について、「国民の性的指向・性同一性に対する理解の増進が前提であり、その是非を含めた慎重な検討が必要」と自治体制度の是非にも言及しました。

 

国民は、「世界31ヶ国・地域で同性婚が認められ、G7で同性間の関係を保障する法律がないのは日本だけ」と現状を踏まえたうえで「パートナーシップ制度の拡充・法制化の検討や、戸籍変更要件の緩和など、性的指向・性自認(SOGI)に関する課題解消に向けた法整備を進める」と、パートナーシップ制度の法制化に言及しました。

 

♦9党中8党が、同性婚法制化の検討・審議を「今すぐ、なるべく早く」開始すべきと回答

 

与党である公明と、国民を含む7党(立民、公明、維新、共産、国民、れいわ、社民、N党)は、「同性婚(何らかの法的保障を含む)に関する検討・審議を、政府機関 や国会の公式の場にて今すぐ、なるべく早く開始すべき」と回答しています。

「今すぐ、なるべく早く」を選ばなかったのは、自民のみでした。「まずは、性的マイノリティに関する広く正しい理解の増進が必要であると考え、社会生活上の困難を軽減するため、地域・学校・職場等社会の様々な場面における理解増進を図る」と検討・審議を急がない理由を述べました。

 

各党からの回答は以下の通りです。

質問1.同性のカップルにどのような法的保障を法制化? 自民 「憲法24条は、婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立すると定められており、現行憲法の下では、同性カップルに婚姻の成立を認めることは想定されていない」というのが政府の立場であり、わが党も同様に考えています。また、一部自治体が採用した「パートナーシップ制度」について、国民の性的指向・性同一性に対する理解の増進が前提であり、その是非を含めた慎重な検討が必要あるものと考えます。立憲 婚姻ができるようにするべきだ 公明 婚姻ができるようにするべきだ 維新 婚姻ができるようにするべきだ 協賛 婚姻ができるようにするべきだ 国民 今年7月1日に施行予定のスイスを含めると、世界の31ヶ国と地域で同性婚が認められており、G7で同性間のパートナーシップを保障する法律がないのは日本だけです。パートナーシップ制度の拡充・法制化の検討や、戸籍変更要件の緩和など、性的指向・性自認(SOGI)に関する課題の解消に向けた法整備を進めます。 れいわ 誰もが自分が選んだ人と結婚できるような制度を作ることは、誰もが自分らしく生きられる社会に繋がります。 社民 婚姻ができるようにするべきだ N党 婚姻ができるようにするべきだ  同性婚を希望する方々の障壁として憲法第24条「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立」の文言が挙げられます。法律改正などの小手先のごまかしではなく、時代に合わなくなった憲法の改正をすべきである、と考えます。 憲法24条の改正に国民の過半数が賛成したとなれば、「社会的承認・尊厳の欠落により、人知れず困難や孤独に苦しむ」ということも解消されていくと期待しています。 また、NHK党は綱領の中に基本理念として次の項目を掲げています。 自由を守り自由度を高めるため行動する。各自が実力を十分発揮出来る社会を目指す。多様性を尊重する。合理的な意見を尊重する。 弱者や少数派でも幸せに暮らせる社会の実現を目指す。 そして、浜田聡が持つ国会議員としての権限を一般の方にもご活用いただける「諸派党構想政治版」というプロジェクトを進めております。こちらにも興味を持っていただけましたら幸いです。質問2. 同性婚法制化(他の法的保障を含め)の検討・審議開始のタイミングをどう考える? 自民  わが党といたしましては、まずは、性的マイノリティに関する広く正しい理解の増進が必要であると考え、社会生活上の困難を軽減するため、地域・学校・職場等社会の様々な場面における理解増進を図ります。 立憲 今すぐ、なるべく早く 公明 今すぐ、なるべく早く 維新 今すぐ、なるべく早く 共産 今すぐ、なるべく早く 国民 今すぐ、なるべく早く れいわ 今すぐ、なるべく早く 社民 今すぐ、なるべく早く N党 民 今すぐ、なるべく早く


BACK