最新情報

MFAJのお知らせ 国会関係 関西訴訟 裁判情報

2022.06.20

  • Facebook
  • Instagram

【不当判決】代表理事のコメント

違憲認めず でも、まだまだこれから! 次は大阪高裁!


「結婚の自由をすべての人に」関西訴訟について、本日、大阪地裁は、法律上同性同士の婚姻を認めていない現在の法律は憲法に違反しないと判断し、原告らの請求を棄却する判決を下しました。原告ら及び全国各地で婚姻の平等を求めている性的マイノリティが置かれている深刻かつ切実な現状に向き合わないもので、極めて不当な判決であると言わざるを得ません。原告ら及び弁護団は、直ちに控訴するとの意向を表明しています。

 

「結婚の自由をすべての人に」訴訟は、札幌高裁、東京地裁、名古屋地裁、福岡地裁で審理が続いており、東京地裁では本年11月30日に判決の言渡しが予定されています。これらの裁判所及び控訴後の大阪高裁においては、必ずや、正しい判決が下されるものと信じたいと思います。

 

また、本日の大阪地裁判決は、差別や偏見の解消は民主的過程を経て実現されるものであると述べています。国会には、法律上同性同士の婚姻を認める法改正を速やかに行うことによりその役割を果たすべき立場にあることを、改めて認識していただきたいと思います。

 

婚姻の平等は必ず実現します。私たちマリフォーは、婚姻の平等を一日も早く実現するため、今後も、「結婚の自由をすべての人に」訴訟のPR支援のほか、国会議員への働きかけや、様々な世論喚起のための活動を継続していきます。

 

公益社団法人Marriage For All Japan-結婚の自由をすべての人に

代表理事 寺原真希子 三輪晃義


●6/20判決後の期日報告会

 

●判決等については、以下でご覧になれます。

判決要旨

https://www.call4.jp/file/pdf/202206/d27041ab04ff5452f38d3caf5c17b0dd.pdf

判決

https://www.call4.jp/file/pdf/202206/fcfd435120ab01b70ba3f579de6df158.pdf

弁護団声明

https://www.call4.jp/file/pdf/202206/2465bafe3b1008a63e4954eb44f898dd.pdf

 


訴訟費用に特化した支援

訴訟費用に特化して支援したい場合は、 call4の結婚の自由をすべての人に訴訟のページから寄付をすることができます。 なお、弁護団は無償で活動しており、支援は弁護士費用ではなく、実費部分に対するものです。

訴訟のための寄付はこちらから【CALL4のサイトへ】


私たちの活動は皆様のご寄付に支えられています

私たち、Marriage For All Japan は、同性カップルも、望めば結婚できる社会を実現するために、みなさんの支援に支えられ、活動をしております。

具体的には、賛同してくださる国会議員の方を増やすためのアドボカシー活動費用(院内集会の開催等)、結婚の平等(同性婚)に関するイベント開催費用、結婚の自由をすべての人に訴訟のことなど結婚の平等(同性婚)に関する情報発信や広報のための費用(リーフレット等の印刷費、ホームページ作成費、維持費等)、有償スタッフの人件費などが予定されています。1人1人の支援の積み重ねが国を動かします。皆様のご支援をよろしくお願い申し上げます。

寄付をする【MarriageForAllJapanの寄付ページへ】


BACK