• Twitter
  • LINE
  • Facebook
  • Instagram
  • YOU TUBE

最新情報

関西訴訟 裁判情報

2021.04.23

  • Facebook
  • Instagram

【関西訴訟】第7回期日報告!!

「結婚の自由をすべての人に」関西訴訟弁護団より、4月23日に開かれた裁判期日と、その後の報告会の様子について、以下のとおりご報告をいただきました!


●「結婚の自由をすべての人に」関西訴訟第7回期日報告

日 時:2021年4月23日13時30分から13時40分

場 所:大阪地方裁判所第202号法廷

裁判官:土井文美裁判長 神谷善英裁判官 澄川ほなみ裁判官

内容:

1.  裁判官の構成が変わりました(土井裁判長,澄川裁判官)。

2. 原告側から、2021年3月17日の札幌地裁判決を踏まえた追加主張,河口和也さん・風間孝さん・赤枝香奈子さんの意見書に基づく主張などが書かれた書面を3通提出しました。

3. 寺野弁護士が意見陳述を行い、原告側が提出した書面の内容の概略が説明されました。

4. 公開の裁判手続きの後、場所を移して、裁判官・原告代理人・被告代理人で今後の裁判の進行について非公開の協議を行いました。

5. 次回6月25日13時30分から原告らの尋問が行われる予定でしたが、延期されることになりました。前回の裁判以降、裁判官の構成が変わったり、札幌地裁判決が出たりして状況に変化があったので、もうしばらく法的な主張の整理を続けることになりました。

6. 今回の裁判も、新型コロナウイルス感染が拡大する状況の中、たくさんの方が傍聴に来てくださいました。初めて傍聴に来られた方もおられたようで、札幌地裁判決やその前後の報道等によって同性婚に対する関心が高まっていることを実感しました。

次回期日

20216251330分(第8回口頭弁論) 大阪地方裁判所第202号法廷

原告から主張の補充、被告からは今後の主張の方針について報告が行われる予定です。もともと予定されていた尋問は行われませんのでご注意ください。


●期日報告会

裁判終了後に、大阪弁護士会館で期日報告会を開催しました(司会は山岸弁護士)。

冒頭、傍聴に来られた方から関西訴訟への応援のメッセージをいただきました。

その後、非公開の協議から戻った大畑弁護士、三輪弁護士、寺野弁護士、宮本弁護士から、今日の裁判でのやり取りの概要や協議の内容について報告がありました。

次に,裁判に参加していた原告の坂田さんとテレサさんから発言がありました。

坂田さんからは,3月17日に札幌地裁判決が出たときの心境について語られました。札幌地裁が同性婚を認めていないことが差別であるときちんと言ってくれたことが嬉しくて涙が流れたとのことで、大阪地裁もそれに続きたいという希望を語られました。テレサさんも、札幌地裁判決が出たことで明るい未来が見えたそうで、カムアウトしていない当事者にとっても前向きになれる良いニュースになったと思うと語られました。

 

会場からは、「裁判官は自分が判決を書きたい事件の担当に立候補できるの?」という弁護士がなかなか気付けない疑問や、立法不作為の違法に関する専門的な質問などをいただき、弁護団も刺激を受けました。

 

尋問が延期となり、しばらく主張の出し合いが続くことになりますが、じっくりと腰を据えて私たちの主張を展開していきたいと思います。皆さまの引き続きのご支援をよろしくお願いします。


BACK