• Twitter
  • LINE
  • Facebook
  • Instagram
  • YOU TUBE

最新情報

ボランティア・インターン

2021.04.20

  • Facebook
  • Instagram

社会人ボランティア紹介!! 岡本早織さん

結婚の平等(同性婚の法制化)実現を目指す私たちの活動は、さまざまなバックグラウンドを持つ皆さまのサポートによって支えていただいています。

今回は、社会人として勤務をしながら私たちの活動に深くコミットしてくださっている社会人ボランティアの方をご紹介します!

—————————————–

マリフォーメンバー(ボランティア)の岡本早織(おかもと・さおり)です!

マリフォーでは主に翻訳・通訳を担当していますが、たまに他のことも手伝っています。

 

自己紹介

 

私に大きな影響を与えたのはベルギーで過ごした中学時代です。インターナショナルスクールの学年で唯一の日本人(かつ数少ないアジア人のうちの一人)というマイノリティとして過ごし、特に転入したばかりの頃に疎外感や孤独を経験したことから、様々な場面でマイノリティについて考えるようになりました。また、その頃に、当時の自分にとってはサバイバル感覚で身に付けた英語を生かして、大学で通訳と翻訳を学び、卒業後の現在は法律事務所で翻訳をしています。(ちなみに、通訳をする人が必ずしも翻訳もできるわけではなく、その逆も然りです。英語ではどちらも「translate」と言いますが、実は別物なので要注意…!)

 

ボランティアを始めたきっかけ

 

マリフォーには、勤務先の法律事務所で出会いました。プロボノの仕事で、世界の同性婚に関する報告書や外国でのセクシュアル・マイノリティに関する訴訟書面などの翻訳を担当し、日本において同性婚が法制化されていないことに強い違和感を抱いていました。そうしたところ、「結婚の自由をすべての人に」訴訟が提起され、その訴状翻訳の一部を引き受けました。この依頼は、マリフォーから間接的に頂いたものだったのですが、マリフォーについて調べて個人的にもぜひお手伝いしたいと思い、直接連絡しました。

 

あと一つ、自分も何か力になりたいと思った理由があります。それは、私自身は異性愛者であり既婚者であることです。学生時代の交際相手と当たり前のように結婚しましたが、好きな人どうしで結婚できることが人によっては当たり前ではないと知り、なぜ性的指向や性自認のみを理由としてその権利が与えられないのかと怒りを覚えました。この怒りも、私の原動力です。

当事者ではないから、当事者の方の思いについて完全には理解できず、勉強して想像することしかできないのですが、非当事者の方でも「この現状には問題がある」と思う気持ちがあれば、行動してよいと考えています。

 

マリフォーと社会人ボランティアの魅力

 

マリフォーの魅力は、メンバーである全国の弁護士の方々や、様々な分野のプロフェッショナルの方々の行動と意見から学べることです。マリフォーのメンバーの方々は思慮深く、お互いを尊重されているので、とても居心地よく活動させていただいています。私は限られた人としか親しくなれないからか、当事者の方を個人的に知らなかったのですが、マリフォーに入って出会えたことは心からうれしく思っています。当事者、非当事者といっても、本当に性的指向が違うだけで(もちろん背景や性格の違いはあれど)、そのことを理由にした差別的取扱いは絶対に間違っていると再認識しました。そして、マリフォーを通じて出会える外部の人もいます。例えば私は、アメリカで婚姻の平等を実現させた団体のメンバーと定期ミーティングで通訳としてご一緒しています。また、2021年3月に開催されたマリフォー国会の受付で、婚姻の平等に賛同する国会議員の方々のお顔を拝見しました。まだまだ世の中には私の知らない人が沢山いるのだな、と勉強になります。

 

本業の傍らマリフォーに関わっていますが、本業が落ち着いている時期は積極的に手伝う、大変な時期は少しだけ引き受けるなど、バランスを取るように心がけています。私の場合は、本業の仕事内容とマリフォーでの活動内容が一部重なっているので、互いに良い影響があるように思います。本業と関係のないことも、それはそれで学びがあり、結果的に本業や日々の生活に生かせるので有意義に感じています!

 

素の自分

 

色々と真面目に書きましたが、実を言うと私は少し変人であると自覚しています(これは主に、母校であるICU高校の自由な校風によって育まれた個性です)。ある程度、心の距離が縮まらないと見えてきませんので、私の変さに気づいた人は、けっこう仲良くなれたと考えてもらって問題ありません!!


人と過ごすのも好きだけど一人の時間も大好きという、アンビバレントさもあります。コロナ前は、家族や友人と、そして一人でも、ライブや旅行によく出かけていました。収束後にも行けるよう、今は充電期間と思って、できることをして過ごしています!

 

(ライブハウスもコロナの影響で大変なので、よければ応援してください…!)

 

私は先述した経緯で主に英語を使ってお手伝いしていますが、人それぞれ、関われる分野や範囲があると思います。日本の現状に違和感や怒りを覚えていて、何か力になりたい!という気持ちがある方は、ぜひマリフォーにご連絡ください!

——————————————

変人・岡本さんのさらなるご活躍に皆さまご期待ください^^

 

●私たちの活動は皆さまのご支援で成り立っています。

ボランティアでのご支援を頂ける方はコチラより

ご寄付でのご支援を頂ける方はコチラより

 


BACK